顔の脂肪吸引ってどうなの?

顔の脂肪吸引をする魅力はいくつかありますが、顔の大きさを小さくできるところが重要視されています。

お腹や太もも、腕などを細くするためには、運動により脂肪を燃焼させていきますが、顔に関しては難しいです。

顔の脂肪は落ちない

太った人

表情筋の衰えを防ぐために顔を動かしても、筋トレにはならず、従って脂肪燃焼に繋がることもありません。

いわゆる肥満体の人が大幅に体重を落とせば、顔の脂肪も落ちますが、この時に厄介なのは伸びた皮膚は縮まずたるんでしまうことです。

見た目が悪く、小顔になったとは言えません。

標準体重、もしくは細身でフェイスラインやあご下に脂肪が付いている人は多く、スッキリとさせたいと思いマッサージなどを試されますが、思い通りの効果はなかなか得られません。

小顔にするというのはとても難しく、それが叶うのが脂肪吸引になります。

ピンポイントで問題の部分から脂肪を取り除くことによって、他の方法では不可能な理想のフェイスラインや小顔が作れることができるわけです。

失敗のリスクはある?

しかし脂肪吸引は危険、失敗のリスクが高いと不安に感じている人は多く、そのため気になりつつも怖くて踏み出せないといった場合があります。

世の中には100%安全といったものはなく、どのようなものにも失敗のリスクは存在しているので注意が必要です。

ただいくつかポイントを知っておくと回避することができるので、施術をする前に必要な情報を集めてください。

今なら情報収集はインターネットを利用すれば簡単ですが、気を付けたいのは真偽さまざまなものが存在しているということで、信頼性の高いものをチェックする必要が出てきます。

おすすめの検索方法として、「脂肪吸引」と検索画面に打ち込んだ後に「site:go.jp」や「site:ac.jp」を加えて検索することです。

「site:go.jp」は厚労省などの行政機関のサイト、そして「site:ac.jp」は大学や研究機関のサイトのドメインで、個人サイトに比べて信頼性が高くなります。

またこの時に更新日をチェックするのが重要で、病気のガイドラインは3年から5年で更新されますので、その期間を目安にすると最新の役立つ情報を見つけ出すことが可能です。

脂肪吸引は病気とは異なりますが、むしろ美容系は次々と新しい技術や機能が登場してくるので最新の情報を確認することが必要になります。

ネットの書き込みは専門家だけではなく素人もできるので、信頼できる情報か判別するのが重要です。

厚生省や大学・研究機関は信頼性が高いので、優先的にチェックすると役立つ情報が得られます。特に個人の体験談というのは大袈裟に書かれることが多く、読んで不安になってしまうので、信頼性を考えながら調べると安心感が得られます。

チェックポイントは3つ

チェックリスト

顔の脂肪吸引を成功させるためには最低でも3つのポイントをチェックしてほしく、リスクを減らせるので確認してください。

最も重要なのは医師選び

顔の脂肪吸引施術で自分の望む綺麗なフェイスラインを実現するためには、担当医の能力と経験が大きく関わってきます。フェイスラインを作るということは人体の構造を理解して、一人一人の身体的特徴を見抜く目、そしてデザイン力が必要です。

美容整形は一般の病気とは違い、患部を取り除くのではなく、自分の理想とする姿を作っていくのを目的としています。

特に顔は厄介で、太ももやお腹と異なり吸引する部位がとても小さく、数ミリのデザインの違いが大きな差となって仕上がりに関わってきます。

それゆえ技術や経験の他にデザイン力も必要になってきて、医師を見極めるポイントのひとつです。

探し方としてはこれまでの症例写真をチェックするのが良く、自分好みのフェイスラインがあれば施術した医師に依頼するのがおすすめです。

ただこの時点で一人に決めるのではなく、幾人か他にも候補を選んですべての医師からカウンセリングを受けてください。

この時に一般的な話だけではなく、個別に具体的なアドバイスや提案をしてくれるか、さらに話した時の相性、信頼して任せられるかを総合的に評価していくと、良い医師を見つけ出せる可能性が高まります。

すると失敗のリスクは格段に下がるので、安心して任せることができるようになるはずです。

麻酔技術が高いかどうか

美容クリニックで起こる事故の大半は実は麻酔によるものと統計が出ています。

治療中のトラブルはもちろん、術後に麻酔薬の影響を受けてトラブルが発生する可能性も出てきますので、注意が必要です。

目覚めないなど命に関わってくる重要なものもありますし、麻酔がしっかりと効かずに痛みに苦しみながら施術を受けたという例もあります。

特に顔の脂肪吸引というのは施術部位が狭く、部位が頬から、あご下といった部分で麻酔科医が呼吸管理を行うのが難しく、ちょっとした判断の遅れが重篤なトラブルにつながる、致命傷になる場合があります。

そのため美容外科自身も高い麻酔技術を身に付けているとベストで、施術をしながら呼吸管理もできるので、状況の変化に細かく対応することができます。

このような体制を整えているクリニックで行うのがベストですが、大都市の東京でも限られているのが現状です。

安全性を高めるために日本麻酔科学会専門医が麻酔を担当することが推奨されており、麻酔科標榜医や麻酔科認定医レベルでは、万が一大きなトラブルが起きた際の対応が難しくなります。

そのため脂肪吸引の担当医だけではなく、麻酔科医に関しても調べておくと安心です。

アフターケアを大切にしているか

顔の脂肪吸引は圧迫やマッサージも仕上がりに大きな影響を与えてきます。

デザインや施術がしっかりとできていたとしても、その後のアフターケアが万全でないと理想とする顔には仕上がりません。

圧迫やマッサージは基本としてはいけない方法がありますが、その他にも個人の体質に合わせることが重要になってきます。

こちらを見極めるのはとても難しいですが、カウンセリングなどで丁寧に説明してくれるところは信頼性が高く、スタッフに対する教育も行き届いていることが多いです。

事前に圧迫やマッサージなどアフターケアについて尋ねておくと良く、丁寧に分かりやすく説明してくれるところで行うと失敗のリスクを減らすことができます。

顔の脂肪吸引を受ける時には、最低でもこれだけはチェックしてください。他にも気を付けたい点としては、保険の適用外なので費用が高額になるところです。

こちらに関しては調べてもそれほど差はなく、価格よりも安全性を重視してクリニックを見つけることが必要になります。

今はネットのランキングや口コミも情報の一環となり、上手く活用すると別の視点からもチェックすることができるので試してください。

ただ個人の意見なので参考にする程度がよく、すべてを信じてしまうのも危険です。

おすすめは東京

そして顔の脂肪吸引の施術を受けるなら、地方よりも東京など大都市の方がおすすめになります。

美容クリニックが競合しているので、より高い技術が望めて成功する可能性が高いです。

また幾つかあるので無料カウンセリングを受けて、自分と相性の良い医師を見つけ出すこともできるので、余裕がある場合は東京で探してください。

事前に情報収集をする、いくつかのクリニックで無料カウンセリングを受けるなど、医師やクリニックを見極めることによってリスクを減らし、理想の顔を作り出すことができます。