ベイザーリポとは

ベイザー脂肪吸引の施術ができる、最新の医療機器「ベイザーリポ」の詳細や効果、メリットなどについて解説します。

脂肪吸引に効果的な最新医療機器「ベイザーリポ」とは?

ベイザー脂肪吸引には、施術箇所を吸引して割れた腹筋をデザインする「ベイザーハイデフ」と、部位全体の脂肪を除去する「ベイザーリポ」という2種類の施術法があります。

ベイザー脂肪吸引は、超音波である「ベイザー波」という超音波をカニューレから出し、皮下脂肪を乳化させて除去する施術法です。

部位全体をスリムにする施術「ベイザーリポ」は、最新の医療機器「ベイザーリポ」を使って行われます。機器から発せられるベイザー波は、従来の脂肪吸引のように神経や繊維を傷付ける心配がありません。ベイザー波は、その振動エネルギーで脂肪細胞に働きかけます。

現在、ベイザー脂肪吸引は、アメリカのFDA(日本の厚労省に該当する機関)から認可を受けるほどのメジャーな施術になっています。脂肪除去の効果はもちろん、ダウンタイムが短い点や、術後の痛みや腫れなどが格段に軽減された点において、人気の高い施術法です。

ベイザー脂肪吸引のメリット&デメリットについて

ベイザーリポやベイザーハイデフなどの施術法で行う「ベイザー脂肪吸引」は、従来の脂肪吸引で除去できなかった「皮膚の厚みが薄い部分の脂肪層」や「硬く繊維化した脂肪」にも働きかけてくれるのです。これにより、従来の脂肪吸引では約3分の2しか取り除けなかった皮下脂肪が、約90%まで除去することができるようになりました。

ベイザー脂肪吸引には、脂肪の安全かつ大幅な吸引だけではなく、他にも特筆すべきメリットがあります。

この施術法には引き締め効果があります。ベイザーリポは、皮下の線維組織の構造をキープした状態で脂肪を除去できます。そのため、線維組織は自然な状態で収縮し、皮膚がキレイに引き締まるのです。

また、ベイザーリポは、脂肪細胞以外の細胞組織を破壊せずに残すため、脂肪吸引にありがちな肌の凸凹を残しません。脂肪を乳化させてから吸引する、ベイザー脂肪吸引ならではの効果です。

そのほか、ベイザーリポなら施術部位の細かいデザインが可能です。これは医師の技術によるところが大きいのですが、皮下脂肪を吸引すべき箇所と、残すべき箇所を細やかに操作できます。これにより、クリニックによっては、理想の体のラインがデザインできることもあるのです。

ベイザー脂肪吸引はダウンタイムがほとんどない施術法ですが、医療行為である以上、デメリットがないわけではありません。理想のボディラインを手に入れるためにも、クリニック選びは慎重に。施術を検討する際は、カウンセリングやリスクの説明をしっかり行ってくれるクリニックを選ぶようにしましょう。