ベイザーハイデフとは

脂肪吸引法「ベイザーハイデフ(ミケランジェロ)」の詳細やダウンタイムなどについて紹介します。

ベイザー脂肪吸引法「ベイザーハイデフ」ってどんな施術?

ベイザー脂肪吸引には「ベイザーリポ」という機器を使用し、施術部位の脂肪を除去する施術法があります。この施術法では、第三世代超音波と通称されるベイザー波をあてることにより、皮下脂肪を乳化させて吸引します。
また、ベイザー脂肪吸引には、それとは別に、ボディをデザインする目的で行う「ベイザーハイデフ」という施術法があります。

ベイザーハイデフは、ベイザーリポと同じ要領で不必要な皮下脂肪を吸引します。脂肪吸引するだけでなく、割れた腹筋をデザインすることが可能。また、取り除いた脂肪をバストやヒップに注入することも出来ます。このメリハリのある立体的なデザインは、ミケランジェロの彫刻を想像させることから「ミケランジェロ」という施術名で呼ばれることでも知られています。

ベイザーハイデフは、アメリカで人気の高い施術法です。美しい陰影のあるボディラインを作ることができるため、女性のみならず男性のニーズも高いようです。

ちなみに、ベイザー脂肪吸引では、脂肪が柔らかくなって吸引しやすいという理由から、従来の脂肪吸引手術とは異なる、刃のないカニューレを使用しています。

ベイザーハイデフのダウンタイム

従来の脂肪吸引では、毛細血管や神経細胞などをある程度、破壊することは避けられませんでした。そのため、ダウンタイムがベイザー脂肪吸引より約1~2週間、長引いていたのです。

それらを傷付けずに施術が出来る「ベイザー脂肪吸引」では、ダウンタイムが格段に短くなっています。気になるダウンタイムは、個人差はありますが約1週間です。しかし、なかには、施術した次の日から職場復帰している方もいるようですよ。

また、施術法の問題だけでなく、医師の技術力もダウンタイムに影響します。ベイザーハイデフはアメリカほど浸透した施術法ではないため、日本ではまだまだ専門医が少ないのが現状。もし、ベイザーハイデフを検討する場合は、施術経験が豊富な専門医のいる、信頼できるクリニックで行いましょう。