ライフスタイル別!東京で脂肪吸引を受けるべきタイミング

仕事別のタイミング

デスクワークの場合

デスクワークの人のダウンタイムは3日ほどで大丈夫なので、連休前に施術を受けておけばよいでしょう。ただ、仕事で制服の着用が義務付けられている場合は注意してください。というのも、脂肪吸引をしたあとは1ヶ月ほど専用の圧迫下着を身につけておく必要があるからです。着用して本人としても職場的にも問題がないようであればかまいませんが、「周囲にバレるのは嫌」といった人は制服が長袖の特に施術を受けるなど何らかの対策が必要です。

体を動かす仕事の場合

外回りの営業やそのほか立ち仕事など、体をよく動かす仕事をしている人は術後1週間ほど安静にしておく必要があります。そのため、通常の連休ではなく、ゴールデンウィークや夏期休暇、年末年始休暇などのまとまった休みの前に施術を受けるのがおすすめです。ただ、こうした休み前は予約が殺到する傾向にあるため、余裕を持って数ヶ月前にカウンセリングに行って予約を済ませておきましょう。

人前に出る接客などの仕事の場合

こちらも術後1週間ほど安静にしておく必要があります。また、術後は施術を受けた部位が腫れることもあるため、ユニフォームや制服で隠せないような部分を施術する場合は、うまい言い訳を考えておく方がよいでしょう。

年齢別のタイミング

年齢によって特に「このタイミングで受けた方がよい」「このタイミングは受けない方がよい」といったことはありません。ただ、学生の場合はダウンタイム中に人に会わなくてよい夏休みなどの長期休暇中に施術を受けるとよいでしょう。

施術部位別のタイミング

術後のダウンタイムは施術部位によって異なるため、そのことも頭に入れておく必要があります。あくまでひとつの目安ですが、顔の場合は術後数日〜1週間、二の腕の場合は術後1〜2週間、お腹やお尻などの大きな部位は1週間ほどがダウンタイムです。ただ、ダウンタイムと効果が定着してくる期間は異なるため気をつけてください。ダウンタイムが終わって脂肪吸引の効果が定着してくるのは、おおむね1〜3ヶ月ほどかかります。

その他、施術前のタイミングで気をつけておくべきこと

スポーツが趣味の場合、激しい運動は1ヶ月以上できないと思っておいてください。とういうのも、術後1ヶ月は圧迫下着を着用する必要があるからです。もちろん、体を動かしていけないわけではないため、軽い運動をする分には特に問題ありません。ただ、日頃から体に大きな負担がかかるハードな運動をしている人は、そのレベルの運動を開始するには少なくとも術後1ヶ月以上かかるということは覚えておきましょう。

また、旅行や大きなイベントへの参加・出演を控えている人は、できればそれらの後に受けるのが得策です。ダウンタイム中はいつもより施術部位に気を使わなければならないため、術後に無理をするのはあまりおすすめできません。場合によってはそういった予定をキャンセルしなくてはいけない可能性も頭の片隅に置いておきましょう。