クリニックの安全性や実績も確認

脂肪吸引の手術を受けるために最優先されるべきなのは、手術の安全性です。手術のリスクも含めて、安全性や実績などのクリニック選びに不可欠な内容について解説いていきます。

治療内容からみた安全性

脂肪吸引では、体が急速に、かつ劇的に変わっていきます。ということは、それだけ体への負担も大きいといえます。

負担が大きい処置は、ダメージも大きいと考えるといいでしょう。つまり術後の回復にかかる時間も長くなり、場合によってはリスクも大きくなります。

脂肪吸引にもいろいろなテクニックがあります。しかし、実際にはなかなか難しい手術であり、ドクターの経験や技術によって左右されます。最小限のダメージで最大限の効果を出すためには、それだけ高度なテクニックが必要だということです。

そこで、そのクリニックでは、どのような脂肪吸引法を行っているかと前もって調べておくことをおすすめします。手術に使われる器具や吸引法、ドクターの経験不足などによっては、術後がきれいにならず失敗するケースもあるようです。

料金との兼ね合いもありますが、負担の少ない方法で熟練したドクターが施術するクリニックが一番安心といえますね。あまた、麻酔にもリスクが伴いますので、安全に配慮されているかの確認も怠らないようにしましょう。

脂肪吸引に伴うリスクを知っておこう

脂肪吸引は、美容外科の中でもリスクや身体的な負担、経済的な負担も大きな手術です。そのため、できる限り失敗は避けたいものです。でも、これまで行われてきた脂肪吸引でもいくつかの事故や失敗が報告されています。

肺血栓塞栓症

手術後の圧迫や安静で血液が流れにくくなり固まって肺の血管を詰まらせてしまう病気です。脂肪吸引による死亡事故では最も多いのがこの肺血栓塞栓症ですが、予防が可能ですのでドクターの指示をしっかり守りましょう。

内臓損傷

手術中に吸引用のカニューレという細い器具で内臓を傷つけてしまい死亡した例です。これは、ドクターが技術的に未熟だったケースや、慣れからくる漫然とした手術が原因と考えられます。

麻酔のトラブル

どんな治療であっても、麻酔には大きなリスクを伴います。以前は麻酔の量をたくさん使った全身麻酔が主流でしたので、麻酔による事故は後を絶ちませんでした。

でも最近は、チューメセント法というより安全性が高く手術の時間も負担も少ない方法が主流となり麻酔の量も激減して事故はかなり減ってきたといえます。ただ、リスクが全くないわけではありませんので納得した上で手術を受けましょう。

止血トラブル

手術中や術後の止血が不十分なために死亡したケースがあります。しかし、近年行われているチューメセント法ではこういった事故はほとんどなくなりました。

感染症の危険性

衛生管理が万全でない、あるいは患者さん自身の免疫の問題で感染症を起こすことがあります。

クリニックを選び際のポイント

さまざまなリスクを伴う脂肪吸引ですが、信頼できるクリニックを選ぶことで理想のボディを手に入れることができます。クリニックを選ぶ際に気を付けたいポイントを上げていきます。

カウンセリング、アフターエアに力を入れているクリニック

カウンセリング無料のところも少なくありませんが、その際に手術の方法や費用、メリット、デメリットなどをきちんと説明してくれるクリニックを選びましょう。

もちろんアフターケアについても充実しているかは重要なポイントです。術後のイメージがわかりやすいような工夫をした説明があればなおいいですね。

実績が豊富なクリニック

脂肪吸引は難しい手術です。ですから、ドクターの技術に大きく左右されます。料金に左右されず、これまでの実績などを確認して安心して手術を受けられるクリニックやドクターを選びましょう。

手術法と価格に定評のあるクリニック

脂肪吸引にはさまざまな方法があります。もっとも安全性が高く負担の少ない方法を明確な金額設定で行っているクリニックを選ぶのもポイントです。

信頼できる医師の見極め方

脂肪吸引手術は、体への負担が大きく、リスクも伴う手術になります。手術は必ず成功するとは限らず、左右のバランスがおかしくなったり、肌がボコボコになるなど、失敗してしまう可能性もあります。脂肪吸引手術はとても難しく、患者一人一人の体型や健康状態に合わせて慎重に手術を進めていかなくてはなりません。そのため、脂肪吸引手術を受けるなら、信頼できる医師を選ぶことがとても重要となります。

良い医師とは?

一般医療で医師を選ぶとなると、正確な診断を下して病気を確実に治してくれる医師を探す方が多いかと思われます。一方、美容外科の医師選びとなると、思い通りに美しくしてくれる医師を選ぶ方がほとんどなのではないでしょうか?つまり、医師の判断基準は、一般外科と美容外科で大きく異なります。一般外科の場合、医師が手術は成功したと言えば、患者は素直に信じることができます。

しかし、美容外科の場合、たとえ医師が成功したと言っても、患者の納得のいく結果が出せていなかったら、失敗になってしまうのです。しかし、患者がすべての脂肪を取り除きたいと希望したからといって、患者の要望通りに手術するわけにはいきません。脂肪をとりすぎてしまうと、皮膚がたるんだり、皮膚組織や筋肉を傷つけてしまう恐れがあるからです。つまり、良い医師というのは、患者の希望に近づけるように努力しながら、安全で確実な診断を下してくれる医師を指します。

信頼できる医師の判断基準

脂肪吸引手術を受ける患者は、みんなそれぞれ体型や健康状態などが異なります。手術を行う医師は、患者一人一人の健康状態や体型を把握して、それぞれの患者に合った方法で慎重に手術を進めていく必要があります。そのため、信頼できる医師の判断基準として、まずは患者のことをしっかりと考えてくれる医師かどうかを見極めることが大切です。

体型脂肪吸引は非常に難しく、正確さが必要になる手術です。そのため、信頼できる医師の判断基準として、経験や知識が十分であるかどうかが重要になります。経験年数や知識などは、医師の資格や認定などをチェックして見極めることができます。

美容外科の資格や認定の種類

信頼できる医師を見極める判断基準の一つとして、資格や認定医が挙げられます。美容外科業界には、さまざまな認定や資格があります。その中でも、日本美容外科学会(JSAPS・形成系)の専門医の資格や日本美容外科学会(JSAS・開業系)、VASER認定医の資格などは、チェックしておいたほうがよいでしょう。

日本美容外科学会(JSAPS・形成系)の専門医の資格を取得するには、大学の形成外科に籍を置くことが必須条件となります。その他、症例数や経験年数、学会活動などを基準に審査されます。日本美容外科学会の正会員に認定された医師は、日本美容外科学会(JSAPS)の公式サイトから確認することができます。日本美容外科学会(JSAS・開業系)の資格は、5年以上の美容外科経験がある医師のみ取得できます。VASER認定医は、高性能なベイザー脂肪吸引(VASER Lipo)のトレーニングセミナーを終了し、専門知識と操作法を習得している医師を指します。VASER 4D Sculptは、ベイザー脂肪吸引よりもさらに上位の資格となります。