脂肪吸引+脂肪注入で豊胸

脂肪注入による豊胸の基本

脂肪吸引では、お肉が気になる部分から脂肪を取り除くことができるわけですが、その脂肪を有効活用できるのが脂肪吸引です。この施術を行うことにより、バストアップとシェイクアップが同時に実現できるため、余分なお肉に悩んでいた方も、小さいバストに悩んでいた方もその悩みを一度に解消できます。

使うのは自分の体から取り出した脂肪細胞ということもあり、このあたりからも安全性の高さが想像できるのではないでしょうか。バストアップのためにシリコンバッグを入れている方も多いですが、その状態で脂肪吸引を検討しているのであれば、バッグを取り除いて脂肪注入することも検討してみましょう。

皮下脂肪の多い部位から脂肪を取ってくることになるので、一般的には太ももや二の腕、お尻やお腹といった部位の対象になるでしょう。メスを使った方法ではないため、傷痕が残るような心配もありません。

脂肪吸引+脂肪注入のメリット

大きなメリットとして挙げられるのが、アレルギー反応の心配がないということ。これは、自分の脂肪を使って豊胸ができるからです。安全性も確かとされているので、シリコンバッグなどを使う方法はどうしても不安…と思っている方でも検討しやすいのではないでしょうか。

それから、人工物を入れるのに比べると、非常に自然な仕上がりになるのも魅力です。いかにも「豊胸しました!」ということがわかるような状態ではないため、自分らしいふっくらとしたバストを手に入れることができるでしょう。

脂肪吸引+脂肪注入の方法

まずは、脂肪が気になる部分から脂肪吸引を行います。ただ、吸引してきた脂肪をそのまま使うのではなく、状態の良いものだけを注入する形となるのです。例えば、吸引の際に麻酔を使うわけですが、この麻酔液が含まれている脂肪は使いませんし、吸引した脂肪はきちんと洗浄して注入に適した状態のもののみを選りすぐって活用します。それを注射器に移し替え、少しずつ注入をして形を整えていくのです。ただ単に脂肪を移植するわけではないので、このあたりは安心ですね。

脂肪注入のデメリット

デメリットについても知っておきましょう。最も大きなデメリットとしていえるのが、注入した脂肪がすべてバストとして定着するわけではないということ。

どれくらい定着するかは個人差が大きいだけでなく、吸入・注入方法によっても異なってくるのです。これは、脂肪細胞の仕組みに関係しています。

脂肪細胞は、毛細血管によって酸素と栄養分が送られるのですが、吸引した際に一度毛細血管が切り離される形となるのです。その後は、胸に移植された細胞に再度血管が結ばれなければならず、これができなかった場合には脂肪細胞に栄養を送ることができないため、定着せずに身体に吸収されてしまいます。

定着率は少ない場合は30%程度、多い場合は70%程度といわれており、総合すると大体で半分くらいが残ると思っておきましょう。そのため、脂肪を注入した後は理想通りのふっくらとした大きなバストができたとしても、徐々に萎んでしまうのです。

できるだけ定着率を高めるためには、腕の良い医師を探すことが重要になってきます。たくさんの脂肪を注入したとしても、それが注入に適した脂肪でなければほとんど残りません。注入に適した脂肪を選別できるかどうかといった点も医師の技量や経験が大きく関わっているのです。

口コミなども確認し、できるだけ評判の良い医師のもとで脂肪吸引・脂肪注入の手術を受けましょう。