失敗しない脂肪吸引クリニックの選び方

脂肪吸引をする際のクリニック選びのポイントを解説します。

おすすめは専門知識を持つ認定医のいるクリニック

一口に脂肪吸引といっても、現在は様々な種類があり、方法によって効果や身体への負担にも違いが見荒れます。

クリニックを選ぶときにはどんな吸引方法を扱っているのか確かめるのはとても重要。

まずはその種類をいくつかご紹介しましょう。

    脂肪溶解注射…薬液で脂肪を溶かし、吸収を待つ方法。

    従来の脂肪吸引…脂肪を掻き出す手法。

    超音波吸引(旧型)…脂肪を超音波で乳化させてから掻き出します。

    ボディジェット…ジェット水流によって脂肪を破砕し除去。

    ベイザー脂肪吸引…脂肪をベイザー波で乳化させ除去します。

これらの中でも、今、最も注目されているのがベイザー脂肪吸引法!

ベイザー脂肪吸引法は、皮下脂肪の約9割を取り除くことができるほか、内出血や痛みが少なく、術後の日常生活への制限や皮膚の硬さがほとんどありません。

全身どこでも施術可能であるなどメリット豊富であることが人気を呼んでいます。

また、クリニックを決めるときにはドクターの経歴や資格もきちんとチェックしましょう。どんな脂肪吸引方法でも仕上がりの良し悪しは医師の腕にかかっています。

おすすめなのは認定医がいるクリニック。専門分野のエキスパートだからこそ施術も安全に受けられます。

料金に見合った技術か

脂肪吸引をする場合、クリニック選びはとても重要なポイントです。中でも注意したいのが脂肪吸引の料金。脂肪吸引は健康保険が適用されない自由診療なので、クリニックごとで料金設定がバラバラです。施術内容も違うものになるので、失敗をしないように見極めのポイントをまとめてみました。

部位別の料金相場や費用の内訳などを確認すれば、クリニックの治療内容が理解できるようになります。良いクリニックを選ぶために、参考にしてみてください。

料金に見合った技術かを見る

手術の流れを確認

身体にメスを入れる脂肪吸引手術。不安もたくさんあるはずです。手術を受ける前に、どのような流れで行われていくかを確認しておきましょう。知っていれば、手術のときも安心できますね。手術前の検査内容や手術当日の手続きといった事前準備はもちろん、手術室での流れもまとめました。

また、忘れてはいけないアフターケアや術後がどういった形で回復するかも載せています。脂肪吸引手術を成功させるためにも、見ていて損はありません。

手術の流れを確認を見る

クリニックの安全性や実績も確認

脂肪吸引手術は身体を劇的に変えるので、身体への負担が大きい手術です。料金でクリニックを選ぶのではなく、手術の安全性を最優先に考えましょう。脂肪吸引は難しい手術なので、ある程度リスクも存在します。そのため、クリニックの手術方法は必ず確認したいところ。

 

クリニックがどのような脂肪吸引法を行なっているかを調べ、ドクターの実績も確認しておくのがおすすめです。経験豊富なドクターやカウンセリングやアフターケアがしっかりしているクリニックを選びましょう。

クリニックの安全性や実績も確認を見る

ライフスタイル別!東京で脂肪吸引を受けるべきタイミング

仕事をしながらだと、どのタイミングで脂肪吸引手術を受けたらいいか悩みませんか?脂肪吸引手術のダウンタイムを知っておくことで、その悩みは解決されます。デスクワーク・身体を動かす仕事など、仕事別で休む期間や注意点が異なるものをまとめました。

脂肪吸引手術を受けたことを他人に知られたくない人は、読んでおくことですぐ対策ができます。手術前の注意もまとめてありますので、自分に適したタイミングを考えてみましょう。

ライフスタイル別!東京で脂肪吸引を受けるべきタイミングを見る

脂肪吸引+脂肪注入で豊胸

身体の気になる部分から脂肪を取り除く脂肪吸引手術。劇的なシェイプアップができて、すっきりした身体に。さらにスタイルを良くしたいと考えている方には、脂肪注入がおすすめです。自分の身体から取り出した脂肪細胞なら、アレルギー反応の心配がありません。シリコンバッグなどを使う方法より、安全性が高いバストアップが実現できます。

メスを使わないので、傷跡が残るような心配がないのも魅力的です。とはいえ、メリットだけではありません。デメリットもあるので、気になる方は確認してみてください。

脂肪吸引+脂肪注入で豊胸を見る

脂肪吸引のトラブル事例【たるみ】

脂肪吸引後には、皮膚のたるみが発生することも。そのため、理想どおりのボディになれると思っていた方はショックに感じるかもしれません。皮膚のたるみは徐々に解消されるものですが、場合によっては元に戻るまでに時間がかかったり、なかなか元通りにならなかったりします。

一般的な対策として圧迫固定を行ないますが、それ以外にも対策はあるので、ぜひチェックしてみてください。

脂肪吸引のトラブル事例【たるみ】を見る

脂肪吸引の種類

脂肪吸引手術には、さまざまな方法があります。一般的に使われるのが、ベイザー脂肪吸引・シリンジ式脂肪吸引・ボディジェット脂肪吸引ですが、それぞれどういった特徴やメリット・デメリットがあるかが気になるはず。

ダウンタイムの長さや手術時間の短さ、リーズナブルな手術方法や身体にかかる負担など、さまざまなポイントをまとめてみました。手術方法の解説もありますので、自分に合った脂肪吸引方法を選ぶようにしましょう。

脂肪吸引の種類を見る

脂肪吸引に向く人・向かない人

スリムな体型やダイエットを目的に脂肪吸引を希望する人が多いのですが、脂肪吸引はれっきとした手術なのである程度リスクがあります。また、脂肪吸引をすればずっとスリムな体型でいられる訳ではありません。リバウンドしにくい方法ですが、体型を維持するには自己管理が必要です。

その他、病気や体質によっては脂肪吸引が受けられないケースもあります。事例と理由を詳しく紹介していますので、気になる方は見てみてはいかがでしょうか。

脂肪吸引に向く人・向かない人を見る

脂肪吸引に関する専門用語をチェック!

「脂肪吸引手術を受けたいけど、まだ何も調べていないので専門用語がわからない」という方向けに、知っておいて損はない専門用語をまとめてみました。

脂肪吸引は医療行為なので、予備知識を持っておくのが安全です。「脂肪溶解」「ダウンタイム」「全身麻酔と静脈麻酔との違い」などよく使われる専門用語を中心に紹介しているので、脂肪吸引を検討している方はぜひ参考にしてみてください。医師とのやりとりがスムーズになります。

脂肪吸引に関する専門用語をチェック!を見る